2009年10月02日

悪徳ドロップ系見分け方

悪徳ドロップショッピング支援業者の見分け方

1.アフィリエイトが「個人」で利益を上げれると分かった今、「胡散臭いアフィリエイトの情報商材」が蔓延している。

2.また、Netショッピングという「ネットと利用した、物販売で宣伝と注文を受け発注する」という商業形態が一時ブームを呼んでいたが、いは下火である。

3.その隙間を縫って、「ドロップショッピング」という「ネットショップ」と「アフィリエイト」の中間のネット商売形態が出てきている。

4.なんでも「金儲けにつながる」業界に群がる世間は多いもので、ネットショッピング支援企業・会社がいま乱立している。

5.SOHO/在宅ワークとして、「悪徳」と言わざるを得ない。

【悪徳】フォーカス
※コピぺできない。利用料金など詳細の副サイトがないのに「まずは資料請求」のみ!内容の詳細にアクセスできない。





【悪徳】サイト Site
※コピぺできない。フリープランで無料で勧誘し、プラン1で10万円、プラン2で85万円。Seesaaなど無料でドロップショッピングサイトできるのに高すぎる!詳細がそれ以上に一切ない。悪徳商法である。



posted by やま企画 at 23:45| 大阪 ☔|  11.ドロップ系の見分け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。