2009年09月24日

悪徳商法の手口

SOHO・在宅ワークのトラブル・苦情が急増

1.ここ数年で不況の影響もあって、年金生活者の年金には頼れないという弱みや、派遣切りのご時世で、ネット商売やアフィリエイト・ドロップショッピングなどHP制作やネットショップの無料資料請求を口実にして、実は電話で悪徳商法の勧誘電話で強引にお金を契約するケースが増えています。今日(09・09・24)も産経新聞の社会面トップに70歳の個人商店主がHP作製業者に150万振り込み、HPすらしてもらえなくて訴えている記事がでていました。

2.これは、ネットで儲かる・稼げるという現代風な商取引のながれから、従来の文字(新聞・雑誌・週刊誌等)を母体とした「内職商法」から、ネットに進出してきたものと思われます。ネットは「善であり、悪の温床」でもあります。

3.このサイトで紹介する「商品」も、つい最近作成したものでありますし、当サイトはアフィリエイトという企業や株式会社や有限会社などの「商品」を紹介するアフィリエイトサイトですから、まだ掲載商品の全てを資料請求して実際に体験したものではありません。

4.可能な限り、今後「悪徳商法」と思われる「商品」なり「資料請求」なり「SOHO学校や在宅ワーク学校・講座をしらべますが、今の所は「悪徳商法」や「会社」もあるかと思います。

5、気をつけて下さい。最低危ない企業や会社は、ホームページの内部に「具体的な事を触れる内容の副サイト」がなくって、「資料請求」のみしかないサイトです。しかもコピペ出来ないHPです。「資料請求」を言いながら、「電話が直接かかってきて」「仕事をするとか斡旋するためには、これだけ保障しますからお金が必要です」という業者です。HPの中に、必要経費や学習経費等、詳細を書かないで、郵送で資料が送られてくるかと思えばなぜか「電話がかかってくる」のは、現時点では悪徳商法としか思えません。

6.今後、「安全安心優良SOHO・在宅ワーク求人」サイト作りに頑張ります!!

posted by やま企画 at 23:59| 大阪 ☁|   (4) 悪徳商法に注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪徳業者に騙されない

SOHO・在宅ワークのトラブル・苦情が急増

1.ここ数年で不況の影響もあって、年金生活者の年金には頼れないという弱みや、派遣切りのご時世で、ネット商売やアフィリエイト・ドロップショッピングなどHP制作やネットショップの無料資料請求を口実にして、実は電話で悪徳商法の勧誘電話で強引にお金を契約するケースが増えています。今日(09・09・24)も産経新聞の社会面トップに70歳の個人商店主がHP作製業者に150万振り込み、HPすらしてもらえなくて訴えている記事がでていました。

2.これは、ネットで儲かる・稼げるという現代風な商取引のながれから、従来の文字(新聞・雑誌・週刊誌等)を母体とした「内職商法」から、ネットに進出してきたものと思われます。ネットは「善であり、悪の温床」でもあります。

3.このサイトで紹介する「商品」も、つい最近作成したものでありますし、当サイトはアフィリエイトという企業や株式会社や有限会社などの「商品」を紹介するアフィリエイトサイトですから、まだ掲載商品の全てを資料請求して実際に体験したものではありません。

4.可能な限り、今後「悪徳商法」と思われる「商品」なり「資料請求」なり「SOHO学校や在宅ワーク学校・講座をしらべますが、今の所は「悪徳商法」や「会社」もあるかと思います。

5、気をつけて下さい。最低危ない企業や会社は、ホームページの内部に「具体的な事を触れる内容の副サイト」がなくって、「資料請求」のみしかないサイトです。しかもコピペ出来ないHPです。「資料請求」を言いながら、「電話が直接かかってきて」「仕事をするとか斡旋するためには、これだけ保障しますからお金が必要です」という業者です。HPの中に、必要経費や学習経費等、詳細を書かないで、郵送で資料が送られてくるかと思えばなぜか「電話がかかってくる」のは、現時点では悪徳商法としか思えません。

6.今後、「安全安心優良SOHO・在宅ワーク求人」サイト作りに頑張ります!!

posted by やま企画 at 23:51| 大阪 ☁|   (4) 悪徳商法に注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

在宅ワークの落とし穴2

在宅ワークの落とし穴2

[初期費用・報酬から見る在宅ワークの安全性]

・「プロ意識」をしっかり持つことが大切
 個人のホームページでは、「インターネットで紹介されている在宅ワークはすべて悪徳だ」といった内容や、掲示板では企業名を名指しして悪徳呼ばわりしているケースも少なくありません。これらの中には、実際に騙された人が書いたものもたくさんあるでしょう。しかし一方では、(騙されたわけではないのに)騙されたと勘違いしている人も少なからずいるはずです。また、ある会社の人物がライバル会社の評判を落とすためにウソの書き込みをすることだって現実としてあるわけです。ネットでは誰でも匿名で書き込みが出来ますので、そういった情報をすべて正しい情報だと判断するのは非常に危険だと言えるでしょう。では一番いい方法は何でしょう。

・それはやはり「自分で調べること」です。実際の手順として

1.まず初めは資料請求

・行動しなければ何も始まりませんので、まず行動してみましょう。ほとんどの場合無料で請求できますし、資料請求したからといって即「契約」ということにはなりませんので、この段階では何も心配はいらないでしょう。資料が届いたら「仕事内容」「報酬」「初期費用の有無」についてきちんと確認して下さい。まずは仕事の詳細と契約する相手をよく知ることから始めます。

2.次に仕事への応募

・企業によっては1がなくて「初めから応募」というところもあります。企業から提示されている募集要項をしっかり確認して下さいね。これも1と同様で応募することが「契約」というわけではありません。

3.最後は契約

・企業から契約書が送られてくるか、Web上で確認する形となります。契約の内容は納得がいくまでしっかり読んでください。特にや費用の有無についてはきちんと確認して下さい。そして、募集内容・担当者の説明と契約書の内容で異なる点があれば、必ず問い合わせて確認を取って下さい。

・なお、費用がかかる場合は、クーリング・オフについて記載されているかをチェックします。こういった説明を契約書にきちんと書かない企業は信用できません。悪意がある場合が多いと思って下さい。(契約書に記載されていなくてもクーリング・オフは行なえます。もしもの場合はクーリング・オフを!)

4.家族に相談する





posted by やま企画 at 14:33| 大阪 ☔|   (4) 悪徳商法に注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在宅ワークの落とし穴1

在宅ワークの落とし穴(1)

1.仕事の本質を見極める

・在宅ワークを探す場合に初心者が注意しなければならないことは、仕事欲しさにつけ込んでくる業者が少なからずもいるということです。

・業者選定では、「仕事は本当にあるのか」「報酬は何によって得られるのか」「初期費用(以下:費用)の有無とその理由」について十分検討する必要があります。
 
・「在宅ワークで費用は?」ですが、費用がかかるものも多数存在します。例としては、仲介業者等に支払う「登録料」などもそれにあたります。逆に費用がかからない場合でも、報酬単価が低くほとんどただ働きを強いられるような仕事もあるわけです。

・「費用がかかる」=「悪徳業者」ではなく、仕事の本質を見極める目が大切です。

2.労働に対する報酬に納得できるかどうか

・費用がかからなくても収入にならなければ意味がありません。費用がかかってもそれ以上の収入になるなら、その仕事は「いい仕事」だといえます。

・在宅ワークのほとんどは「出来高制」「成果報酬型」です。働いて達成した成果に対しての報酬が支払われるわけです。結果を出せなければ報酬がゼロの場合もありえます。

・報酬単価は、一般に費用がかからないものは安く、費用がかかるものは高いです。費用がかからないものは企業側の負担が大きくなり、在宅ワーカーに還元できる報酬は少なくなります。逆に費用がかかるものはそれだけ企業側の負担が小さくなりますので、在宅ワーカーへの報酬を増やすことができるのです。

・結局は自分が納得できる報酬を得られるなら「いい仕事」、納得できなければその人にとってはいい仕事とはいえないということです。これから在宅ワークを始める人にはあまり低単価の仕事はして欲しくない。なぜなら、それは在宅ワーカーの買い手市場にますます拍車をかけ、在宅ワーク全体の報酬を下げる結果に繋がるからです。



posted by やま企画 at 14:23| 大阪 ☔|   (4) 悪徳商法に注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

在宅ワークの悪徳商法

1.在宅ワークの悪徳商法

在宅ワークの実態そのものが認知されていないため、在宅ワークの良さを謳い文句にした悪徳商法が数多く存在する。これらは別名「内職商法」とも呼ばれる。例えば、次のようなセールストークが使われている場合が多くある。

・「在宅ワークとは自宅でパソコンを使ってできる仕事で、自分の好きな時間に好きなだけできます。」
・「対面不要で仕事ができ、初心者でも夫の給料を超える収入を得ることができます。」

※仕事には納期があるため、好きなときに好きなだけといった「仕事を依頼された側のペース」で進められる状況はまずない。 また、主な作業場所が自宅だとしても、仕事の指示などを電話、FAX、インターネット、電子メールなどの通信手段のみで済ませることは不可能に近い。 これらは、社会経験の少ない主婦層をターゲットとした内職商法である可能性が高い。

※ 専門職として仕事を得るための事前教育・職業訓練などが必要な場合を除き、後の仕事の実体がないまま高額な入会金・保証金、年会費を請求してきたら金額に見合うものか確認が必要である。ビジネスに関係する高額商品の購入を契約条件としている場合は悪質業者の可能性がある。「テープ起こし」の内職も、出版社がわざわざ初心者に依頼することは考えにくいのでその危険性が高い。

2.悪徳商法の見分け方

・「オフィスの所在や会社の活動状況が不透明」    ・「資格取得や有料研修後の仕事の実体がない」
・「対面を避け、電話やFAX、インターネット、電子メールのみのやり取りで振込をさせられる」

以上のような点が見られる場合は特に注意を払い、夫や家族・友人など社会経験を持った身近な人物に判断の助けを求めるなど、慎重な判断をすることが重要である。






posted by やま企画 at 03:39| 大阪 ☁|   (4) 悪徳商法に注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。