2009年09月22日

SOHOは無資本でも可?

今、無店舗でリスクの少ない情報起業家が世間を騒がせています。

1.無店舗・情報起業は、専門性、機動力、新規性、または他人のやりたがらないジャンルを選ぶなど、ある意味で、ニッチな分野を選ぶことが大切になってきます。

2.初期投資をあまり必要とせず、固定費もほとんどかからないので、比較的準備期間も、突飛なアイデアもいりません。

3.ただ、事務所としてのスペース(例えば自宅。いわゆるSOHOと呼ばれるスタイル)や、確固たる販路を確保しておかなければなりませんが、ほとんどの場合、固定費を必要としません。

4.しかし、そんな無店舗・情報起業にも、少なからずリスクがあるのです。それは、だれでも参入しやすいという業界であるがための、ライバルの出現頻度の多さ、より高度でお役立ち度の高い専門性を常に身につけておく必要が強い、などがあげられます。すぐに足元をすくわれると言うことです。つまり、固定費分を、日々の努力でカバーするんだと考えたらいいと思います。

5.無店舗・情報起業の開業から営業まで必要な機材

(1) パソコン
・事務系・システム系・会計系なら、Microsoft Windows XP / Vista 等
・デザイン系なら、 Apple Mac OS X 等
・IT系なら、Linaxもあり

(2) ソフト
・事務系・システム系・会計系なら、 Microsoft Office 等 +会計ソフト
・デザイン、Web制作 等なら、 Adobe Illustrator Adobe Photoshop
Adobe Dreamweaver Adobe Fireworks ・・・等

(3) プリンター
・安価で使い勝手の良いインクジェット型プリンター
・ランニングコストが安いレーザープリンター

(4) 電話・FAX
・固定電話・携帯電話・FAX

(5) インターネット・電子メールアドレス
・光ファイバーか最低でもADSL(ブロードバンド対応)
・ケーブルインターネット(ブロードバンド対応)









posted by やま企画 at 13:38| 大阪 ☁|   (1) SOHOのメリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

SOHOのメリット・デメリット

SOHOのメリット・デメリット
 
▼メリット

1. 自分のペースで仕事ができる

2. 仕事を選択できる

3. 通勤時間の削減

4. 仕事に集中できる

▼デメリット

1. 社会的な信用が少ない

2. 保証がない

3. 収入が不安定

4. 孤独感に悩まされる(個人の場合)

5. 責任の重大さ






posted by やま企画 at 02:47| 大阪 ☁|   (1) SOHOのメリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。